まーくんの風俗探訪記

コメント大歓迎です

2012年09月

京橋 サンピアザビル 地下1Fの おしゃれ泥棒 アイランドに行ってきました

この日は杉本町で飲み会があり、JR環状線に乗り神戸に帰る途中でした。
電車は京橋駅につきます、心は神戸に帰っているのですが、
気がつけば体は京橋駅のプラットホームに着地!本能には逆らえませんね~


で サクッと抜きたいなぁ~と思い、サンピアザビルへ向かいます
とりあえず地下2Fのルージュに向かいました
階段で向かうと、途中地下1Fで おしゃれ泥棒 アイランドの店長が
「今なら5千でいけますよ」と、店長は続けて 「地下2Fですか ここからいけますよ」と言います
親切にも地下2Fのルージュの行きかたを指南してくれます
で ルージュにつくといつも通りの無愛想な店長が、「1時間待ち」と
1時間も待つのも何なので別の場所に行こうかなと考えました

そういえばルージュは最近、良い姫が付いたことがありません
値段は安いのですが、値段相応?な感じも
で、階段を登り地上を目指しましたが、途中またおしゃれ泥棒 アイランドの店長が
「今なら5千でいけますよ」と
まぁいっか、と思い入ってみました
受付をすませると席に通されました、ボックス席となっており
薄暗いルージュと比べ随分明るいです

と、少し待つと姫が来ました
20台前半でしょうか、色白でショートカットの女の子です
顔も可愛く ぜんぜんOKで、 地元を聞くと九州の方らしいですが
喋り口調が ひとなつっこそうな可愛らしい関西弁です
姫は服を脱ぐと胸も綺麗です。お腹を見ると丁度良いくらいなのですが
Y姫は「見んといて~恥ずかしぃ~」とお腹を隠し、とても仕草が可愛いです
体系は幼児体系といった感じで、姫もロリ系です
ディープキッスをし、「胸 舐めていい」と聞くとY姫は「痛がりなのでゆっくり舐めてね」との事
ソフトに胸を責め、Y姫のアソコに手を伸ばすと、グッショリ濡れています
Y姫のアソコを指で責めるとY姫は「あっ アンアン・・」と喘ぎます・・・・
しばらく責めていると、姫は「あっ責められている場合ちゃうわ~」と
僕の胸を舐め、下半身に向けリップサービスを始めます
上半身から下半身に向かい僕のアソコをやがて咥え、フェラをはじめます
とりたて上手いフェラではありませんが、一生懸命奉仕してくれます
この日はお酒を結構飲んでいたので僕のアソコの感度は低め
でも一生懸命頑張ってくれます
可愛い子で、性格も良かったので本番したいなぁと思いつつ
姫の奉仕に僕のアソコは満足し、「イクよ」と言い、姫のお口にビュッピュッと放出します
姫は「いっぱいでたよ~」と結構な量がお口に出たみたいです

後処理を済ました姫と 少し世間話をすると時間がやってきました
姫は「また きてね~」と言い、再びキスを交わし、僕はお店をあとにしました


ルックス  ★★★★ 色白ショートカットで可愛い幼児体系です
テクニック  ★★★ 頑張ってくれました
性格    ★★★★★ ひとなつっこそうな関西弁が可愛い 
価格    ★★★ 0.5K サンピアザビルのピンサロではちょい高め

本日は失敗談です
出会い系サイトハッピーメールを使用して兵庫県三田市の女性と知り合いました
携帯℡ & メールアドレスを交換し会う事になり
神戸から六甲トンネルを越えてJR三田駅近くで待ち合わせることになりました
彼女のプロフィールには体系は書かれていなかったのですが
胸はGカップとの事、正直ちょっとぽっちゃり系かなと思いつつ
車を三田まで走らせました

待ち合わせ場所に近づくと それらしき女性が携帯℡をかけてきました
どうやら、その女性みたいです
ただ近づくと、彼女がどんどん大きくなるぅ・・・・
で 挨拶も特に無く車に彼女が乗ってきました・・
30台前半との事ですが 激ポチャです・・・・100KgOVERみたいです
「やってしまった・・・・」と心に呟きながら
断るのも悪いと思い彼女を車に乗せ、彼女の指示通り、プレイ場所に向かいます
車内でいくつかお話をします、僕が「こういうのって業者も多いんですよねっ」と
言うと、彼女は「うん、そうみたいね でも私は素人、独身で子供がいるのよ!」
と、さらに「子供を寝かしてからストレスを発散させる為にやってるの」と彼女は続けます
業者ではないと言うので、僕は、あっそうなんだなぁと思いました
すると、彼女がメールを打っています、見る気は無かったのですが、
チラッと携帯画面が見えました、そこには「乗り込み成功」と・・・・
えー な 何それ業者であろうともどちらでもよかったのですが・・・・

で 河川敷近くに車を止め、プレイ場所に到着
車のヘッドライトを消し、車内でプレイを開始します
僕は下を脱ぎ、「フェラできる?」と聞くと彼女は「においがなければできる」と言い
僕のあそこに鼻を近づけてくんくん匂います
「うんにおわない大丈夫」と言うとフェラをしてくれました
あまり上手くないようで気持ちよくありません、ただ咥えているだけって感じです


彼女は服から胸を出し、僕は助手席に移動し彼女の上になりました
僕はまさに巨木に止まるきつつき状態です
で目の前にはとんでもない光景が広がっていました
もはや爆乳というものを越えて恐乳といった感じです
見たこともないオッパイの大きさです
社交辞令的に胸も攻めますが、彼女のアソコに手を伸ばすと濡れています
で、ゴムを装着され、インサート
でも彼女のアソコは締まりもほとんど感じません
アソコが萎えてきそうになり ヤバイと思い
一心不乱に腰を振り、何とかイケました


初めて女性の容姿で萎えそうになった体験をしてしまいました・・・・

使用済みのゴムやティッシュが入った袋を手にし彼女は車からおり
彼女は「ちょっとまって」と言うと信じられない行動を・・・

彼女は「えーい」といって袋を川に放り投げ、袋は川に流されていきます
僕はとても悲しい気分になりました
最後は彼女の指示に従い送り届け、別れました
別れ際に彼女は「また、℡頂戴ね!」と
でも もう二度と連絡する事はないと思います

彼女が帰った後も車内はきつい香水の臭いが3日間程とれませんでした

残念な思いにかられながら帰宅の途につきました

ルックス  ごめんなさい★なしです
テクニック  ★(ほぼなしです)
性格    ★  
価格    ★ 1K

このページのトップヘ